研課題
J-GLOBAL ID:202104002732299545  研究課題コード:09158151

遅れ破壊特性に優れた超高強度TRIP型マルテンサイト鋼の開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 機械工学科, 准教授 )
研究概要:
近年、乗用車の車体軽量化と衝突安全性の向上が求められている。現在、590~980MPa級の高強度鋼板が多くの乗用車に適用されているが、将来的には1280MPa級以上の超高強度鋼板が必要となってくる。一般的に、高強度鋼板は980MPaを超えるとプレス成形性、衝撃特性が著しく低下する。さらに、水素による脆化が問題となる。本研究では、母相をマルテンサイトとしたTRIP型マルテンサイト鋼(TM鋼)の遅れ破壊特性を調査して、優れた水素脆化特性を有する超高強度鋼板を開発する。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る