研課題
J-GLOBAL ID:202104002786939450  研究課題コード:16812575

難分析核種の高感度分析のための多色イオン化光源の開発

体系的課題番号:JPMJSN16B2
実施期間:2016 - 2019
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 先進工学部, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSN16B2
研究概要:
福島原発事故により放出された放射性物質のうち、「難分析核種」の高感度分析のための多色イオン化光源を開発する。難分析核種はγ線ではなく、α線またはβ線を放出するが、その検出が困難となっている。これらは今後、環境中エアロゾルや廃炉作業に伴うダストとして発生し、吸入すると長期に渡り内部被曝が懸念されるため、環境中の動態解明が急務である。開発する多色イオン化光源は高繰り返し率・波長可変・多色発生が可能なことを最大の特長とし、これにより極めて選択性の高い核種選択イオン化・質量分析イメージングを世界に先駆けて実現する。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る