研課題
J-GLOBAL ID:202104002853246465  研究課題コード:10102024

天然繊維により強化した木質系プラスチックの開発

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 工業技術部, 主任 )
研究概要:
本研究開発では、循環型資源である木質系材料を原料としたプラスチック状成形体を天然繊維で強化して物性向上を試みた。補強用の天然繊維として、リネンおよびケナフ織布を用いた。蒸気処理した木粉と織布を積層して複合化成形体を作製した。物性試験の結果、曲げ強さ、引張強さはあまり変化しなかったが、耐衝撃性は織布含有率20%で、木粉100%の成形体の約7倍(18kJ/m2)となった。植物繊維織布を補強材として用いることにより、成形体の耐衝撃性を向上できることが分かった。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る