研課題
J-GLOBAL ID:202104002937409190  研究課題コード:12100342

高感度広視野ガンマ線画像分析装置の実用化開発

体系的課題番号:JPMJSN12D8
実施期間:2012 - 2014
実施機関 (1件):
企業責任者:
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSN12D8
研究概要:
宇宙・医療分野で用いられているカメラ技術を応用することにより、地面や植物に含まれたり、建築物などの表面に沈着した放射性セシウムおよび多様な放射性物質の放射能濃度や分布状況を、広域(画像視野角:100度)かつ高精度(検出感度:0.05μSv/h、角度分解能:6度)に画像で把握できるガンマ線カメラ装置を実用化開発します。本装置は軽量性を有しており(15kg以下)、さまざまな場所においてホットスポットの探査のみならず、バックグラウンドレベル程度の低レベル放射能濃度や分布を画像化することができます。これにより、復旧復興に大きく貢献するものと期待されます。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る