研課題
J-GLOBAL ID:202104002964380330  研究課題コード:11102593

酸化チタンとジシアノメチレン化合物の界面錯体を用いた新型有機系太陽電池の開発

体系的課題番号:JPMJPR11PA
実施期間:2011 - 2014
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 教養学部附属教養教育高度化機構, 特任准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR11PA
研究概要:
酸化チタン(TiO2)とジシアノメチレン化合物(TCNX)からなる界面錯体を用いた新原理に基づく有機系太陽電池の研究開発を行います。本新型有機系太陽電池は、表面に化学結合したTCNX分子からTiO2伝導帯への電荷遷移により、TiO2に直接電子注入ができる新型太陽電池です。本研究では、高効率光電変換の実現を目指して、太陽電池の物性制御とそれを基盤とした高効率化に取り組みます。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 太陽光と光電変換機能
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る