研課題
J-GLOBAL ID:202104002983283389  研究課題コード:19204174

行動経済学に基づく個人的・集団的評価の数理モデルの開発

体系的課題番号:JPMJPR19J9
実施期間:2019 - 2022
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , システム情報系, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR19J9
研究概要:
人間がヒトやモノを評価する際,認知バイアスにより評価がゆがみます.本研究では,行動経済学で議論されている様々な認知バイアスを考慮して,評価プロセスを数理モデルで表現し,評価のゆがみの解消を目指します.様々な評価タスクを適応的に発行し,それに対する反応から各自の認知バイアスを推定します.集団での評価集約過程における認知バイアスの推定も行い,個人や集団が対象に与える真の評価の推定を実現します.
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 人とインタラクションの未来
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る