研課題
J-GLOBAL ID:202104003013148663  研究課題コード:12100953

細胞走化性の再構築

体系的課題番号:JPMJPR12A5
実施期間:2012 - 2015
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , School of Medicine, Department of Cell Biology, Assistant Professor )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR12A5
研究概要:
本研究では、細胞走化性の分子機序のうちで最難関かつ最後の課題として認識されている極性化プロセスの分子機序を解明します。その際に新たな摂動ツールの開発も行います。これらの知見・技術に基づき、細胞走化性をコンピューター上、および試験管内で再構築し、更なる細胞走化性の理解を深めることが本研究の目的です。将来は、血管新生、胚発生、創傷治癒、免疫防御、がん転移など、細胞走化性が関与するさまざまな生命現象の理解と医療への応用につなげていきます。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 細胞機能の構成的な理解と制御
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る