研課題
J-GLOBAL ID:202104003101630840  研究課題コード:08068966

機械傷による疑似虫害でのお茶のフレーバー成分増強技術の開発

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院医学系研究科 )
研究概要:
ウンカ食害を与えた茶葉ではストレス応答が誘導され、花のようなフレーバー成分が増加し、お茶の商品価値を高める。草食昆虫による食害に代わって機械傷で同様の効果が得られれば、産業的に大きな展開が期待できる。そこで、本研究では疑似虫害装置を作成し、茶葉に機械傷を与え、フレーバー特性が向上する最適条件を見出し、最終的に疑似虫害による付加価値の高いお茶を安定して生産できる実用化技術の開発を目指す。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る