研課題
J-GLOBAL ID:202104003116135543  研究課題コード:08069280

恒温DNA増幅法の開発

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学研究科, 講師 )
研究概要:
本申請者らは制限酵素とDNAポリメラーゼの併用により、通常のPCRの様に温度を昇降させることなく、一定温度に保ちながら極めて高効率にDNAを増幅させることに成功した。また、この増幅は広い温度範囲(25~80°C)で行われることも明らかにしている。本シーズ発掘試験研究では、最適な制限酵素とDNAポリメラーゼを選択し、低温度領域(25~50°C)において、高い特異性と高い増幅効率を持つ恒温DNA増幅法の開発を目指す。
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る