研課題
J-GLOBAL ID:202104003150095054  研究課題コード:12101825

耐衝撃性を向上させた炭素繊維複合材料の開発

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 企画指導部, 研究主幹 )
研究概要:
耐衝撃性に優れたポリカーボネート(PC)を用いた炭素繊維複合材料において、PC樹脂と炭素繊維との含浸性を向上させるため、PCの溶融粘度とその含浸について検討した。溶融粘度の異なる3タイプのPC樹脂について溶融特性を把握し、各PC樹脂のフィルム成形試験を行った。 試作した各PCフィルムと炭素繊維織物を用い、高温プレスで成形試験を行い、プレス成形条件による影響について検討した。その結果、プレス成形での予備加熱温度の上昇により曲げ強度、曲げ弾性率共に上昇した。衝撃特性は予備加熱温度の上昇により上昇するが、280°Cを強大に低下した。また、プレス温度については、プレス成形温度にかかわらず曲げ強度、曲げ弾性率、衝撃値及び衝撃吸収エネルギーはほぼ一定の値を示した。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る