研課題
J-GLOBAL ID:202104003207452410  研究課題コード:11102136

電気自動車の正面と底面の圧力差を利用した風車の開発

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 工学研究科 )
研究概要:
電気自動車に搭載する風車の開発を行った。走行抵抗の増加を防止するために、自動車内部に正面と底面を繋ぐダクトを設置し、その内部に貫流型風車を格納することを想定して実験を行った。ダクトの形状が、風車のトルクや出力に大きな影響を及ぼすこと、高い出力を得るためには、流れを急激に曲げない曲面を用いたダクトを使用することや直径の大きな貫流羽根車が有利であることが示された。また、走行速度に比べて羽根車入口の速度がかなり低下するので、通風抵抗の少ないダクトの開発が今後の課題である。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る