研課題
J-GLOBAL ID:202104003260206960  研究課題コード:08069390

遺伝子検査の高速化を目指した液滴集積配置方式による遺伝子増幅装置の開発

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院理工学研究部, 准教授 )
研究概要:
遺伝子増幅装置は、遺伝子診断を行う為に不可欠な装置であり、その需要は年々増加している。しかし遺伝子増幅には、手間と時間とコストがかかるのが現状である。そこで微量の反応液を直接平板上にスポットした状態で、遺伝子増幅反応を行うための液滴集積配置方式を考案し、これにより大幅なコストダウンと多検体・高速処理を実現するための画期的な遺伝子増幅装置を開発する。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る