研課題
J-GLOBAL ID:202104003372914215  研究課題コード:09158874

人工知能と心理学の接点としての評価・感情分析

実施期間:2009 - 2013
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 精密工学研究所, 教授 )
研究概要:
本研究交流は、1)評価・感情分析技術の研究開発、特に、評価・感情の持ち主同定、話題検出、語/句/文/文書レベルでの評価分類に関する研究開発、2)心理学領域における応用開発、特に、精神医学的分析のための計算モデルの研究開発、などを目的とする。 具体的には、評価・感情分析のために必要な評価表現辞書の構築は双方が共同で行い、言語独立なアルゴリズム開発を目指すが、主に日本側は日本語に関する研究、インド側はベンガル語に関する研究を担当する。 本研究交流で日本-インド間の交流を通じて相互的に取り組むことで、多言語の評価・感情分析技術を開発するとともに、日本、インド両国における評価・感情分析研究の活発化につながることが期待される。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 情報通信技術と他の分野を結合した複合領域
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る