研課題
J-GLOBAL ID:202104003380890902  研究課題コード:13427073

神経変性疾患によるシナプス形成能劣化の1分子イメージング解明

実施期間:2014 - 2014
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 物質-細胞統合システム拠点 )
研究概要:
本研究は、神経変性疾患におけるシナプス可塑性変化の機構を解明することを目指す。 具体的には、日本側は世界でもユニークな超高速3種分子同時1分子追跡技術などを用い、神経変性モデル細胞を対象としたシナプス形成機構の解析を担当する。英国側は疾患モデルマウスから神経細胞を分離・提供し、RNA結合タンパク質の関与に注目したシナプス劣化機構の解析を担当する。 両国の研究チームが相互補完的に取り組むことで、アルツハイマー病などの神経変性疾患において、脳神経の働きを破壊する機構の解明が進み、それによって治療に応用できる新たな知見が得られることが期待される。
研究制度:
上位研究課題: 次世代光学顕微法を利用した神経科学・病因解明に繋がる分子メカニズム
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
研究課題ステータス (1件):
  • 移管 平成26年度(2014年度)をもってAMEDに移管

前のページに戻る