研課題
J-GLOBAL ID:202104003426287700  研究課題コード:11104497

繊維状ナノ金属の電界放出材料への応用

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , エコトピア科学研究所 )
研究概要:
タングステン、チタン、鉄、ニッケル、ステンレスへのヘリウムプラズマ照射を実施した。その結果、様々な金属において、繊維状のナノ構造金属ができることが明らかになった。さらに、温度やイオンエネルギーを変化させると、ナノコーンができることが明らかになった。これらのナノ構造体はナノバブルを構造中に含んでいることが透過型電子顕微鏡での観察結果から明らかになった。タングステンナノ構造体からの電界電子放出電流を計測した。Turn on電圧は約15V/μmであり、プラズマ照射により減少したものの、タングステンナノピラーや、CNTと比べると一桁高い値であった。また、電界集中係数は200程度であり、ナノ構造形成による増加はそれほど著しいものではなかった。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る