研課題
J-GLOBAL ID:202104003686683323  研究課題コード:07051261

固液界面酸化還元反応の理論的反応設計技術の構築

体系的課題番号:JPMJPR07M7
実施期間:2007 - 2010
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 計算科学センター, 主任研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR07M7
研究概要:
本研究は光触媒や色素増感太陽電池の効率改善や耐久性向上に向け、理論シミュレーションによる固液界面構造・反応設計の実現を目標に、固液界面における酸化還元(電子・プロトン移動)反応を取り扱うための新しい第一原理“自由エネルギー”計算手法の開発とその固液界面適用に向けた拡張を行います。さらに半導体電極-電解質溶液界面における電子移動と化学結合変化の電子・原子スケールでのメカニズム解明とその制御法探索に取り組みます。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 界面の構造と制御
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る