研課題
J-GLOBAL ID:202104003707586471  研究課題コード:11103880

H5N1新型インフルエンザに対する高感度迅速診断法の開発

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院生命科学研究部免疫学分野, 准教授 )
研究概要:
研究責任者らはGANPTGマウスの作成によりこれまで検出困難であった修飾抗原や立体構造エピトープに対する特異的なモノクローナル抗体を産生することを可能とし、国際的にトップレベルの高親和性抗体産生技術を開発した。これまで主として癌領域で成功した先行実績を応用し、喫緊の課題であるH5N1新型インフルエンザウィルスの感染を効率よく検出するための基盤構築を行い、これまでに複数のウィルス株に反応する6種類のモノクローナル抗体の樹立に成功した。本研究開発における最終目標はこれらを用いたイムノクロマトグラフィー法簡易キットの構築であり、H5N1インフルエンザの高感度迅速診断を可能にすることである。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る