研課題
J-GLOBAL ID:202104003740034760  研究課題コード:14532030

大規模生物情報を活用したパンデミックの予兆、予測と流行対策策定

体系的課題番号:JPMJCR1413
実施期間:2014 - 2019
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院医学系研究科, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR1413
研究概要:
本研究は病原体のゲノム情報や実験データを含む大規模な生物情報を利用したパンデミック予兆の捕捉と流行予測を実現し、それに基づいて最も望ましい感染症対策を明らかにします。具体的には、(1)大規模生物学的情報を取り込んだ流行予測モデルの構築、(2)パンデミックの予兆の探知、(3)これら2つのモデルに基づく感染症対策の改善を行います。大規模データを効率的に分析することで、パンデミックの予兆捕捉と流行拡大の予測を世界で初めて日常的に実現します。
研究制度:
上位研究課題: 科学的発見・社会的課題解決に向けた各分野のビッグデータ利活用推進のための次世代アプリケーション技術の創出・高度化
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る