研課題
J-GLOBAL ID:202104003830762136  研究課題コード:19205858

レーブグラフの順序定式化の数理とデータ解析

体系的課題番号:JPMJAX1906
実施期間:2019 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 材料科学高等研究所, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJAX1906
研究概要:
レーブグラフの新たな定式化であるレーブ順序は,0次と1次のパーシステントホモロジーの両方を取り入れている等,既存手法にない特徴を持ち理論方面へも応用方面へも大きなポテンシャルを有します.本研究は,安定性・収束性・計算量といったレーブ順序法の基礎を確立し,その定式化の圏論的一般化,計算可能距離付け等の課題を解決していき,位相的データ解析手法としてのレーブ順序法のさらなる応用を目指すものです.
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 数理・情報のフロンティア
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る