研課題
J-GLOBAL ID:202104003831686115  研究課題コード:10102320

インスリン感受性を増強する因子の探索

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 薬学部 )
研究概要:
本研究では、研究責任者がすでに明らかにしていたall-transレチノイン酸(ATRA)によるレプチン依存的インスリン抵抗性改善作用を基盤とし、レプチンが肝細胞に対してもたらす糖代謝制御メカニズムについて、分子レベルで解明することを目標とした。本研究期間では、マウス肝細胞株においてレプチンシグナル伝達経路において重要な役割を持つ因子を活性化させることに成功し、この活性化が最大となる条件を明らかにした。続いてこの因子の活性化によって誘導される因子の網羅的探索を行うための試料の回収を行った。現在、網羅的探索に必要な量の試料が回収できたため、今後、目的とするインスリン感受性増強因子の探索を行っていく予定である。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る