研課題
J-GLOBAL ID:202104003973507919  研究課題コード:10102439

有機ドナー分子ーシアニン複合分子を用いた色素増感太陽電池の開発

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 理学(系)研究科(研究院), 准教授 )
研究概要:
本研究では、シアニン系色素を用いた色素増感太陽電池の変換効率を、10%強にまで向上させることを目標とし、有機ドナー分子であるTTF分子とシアニン部位を結合させた色素分子の合成を行い、良好な光電変換特性を示す色素増感太陽電池の作製を検討した。今回合成した分子では、カルボン酸基の置換や4級アンモニウム塩への変換によっても、光励起-電荷分離状態の形成による光電変換機能性を示した。更に、太陽電池の作製・性能評価を行ったところ、カルボン酸基を2つ有する分子において今回測定した中でも最も良い変換効率(0.16%)を示すことを見いだした。今回、TiO2への吸着力が重要な鍵を握っていることが明らかとなったので、カルボン酸基を複数有する分子の改良を今後展開していく予定である。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る