研課題
J-GLOBAL ID:202104004042786845  研究課題コード:12101411

土壌からの除塩および重金属除去用余剰汚泥のイオン吸着電極変換技術の開発

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院工学資源学研究科 電気電子工学専攻, 教授 )
研究概要:
本研究においては,津波等により塩害を受けた土壌を,従来の手法より速く,簡単に修復することを目的に,動電処理の適用について検討した。また,動電処理に用いる電極として,排水処理において余剰となり,産業廃棄物となっている余剰汚泥が使えないか検討した。その結果,従来行われていた水理的除塩技術に比べ,動電処理を適用することで半分以下の日数で除塩が可能な事,除塩に使用する水の量も減らすことができる事を明らかにした。余剰汚泥の電極への応用に関しては,余剰汚泥を窒素雰囲気中で焼成することで,ある程度導電性を持った電極の作製に成功した。今後,さらに導電率を上げることで電極への利用を目指す。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る