研課題
J-GLOBAL ID:202104004134933631  研究課題コード:08065513

スピンプローブを用いたESR生体計測技術

体系的課題番号:JPMJSN08BJ
実施期間:2008 - 2010
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院理学研究科, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSN08BJ
研究概要:
血液中における糖の代謝が、糖尿病患者とその予備群において健常者に比し異なることを用いて、職場や家庭で簡単に血糖値を測定できる重量15kg 以下の携帯用ESR 装置と必要なドラッグシステムを作成します。被験者はスピンラベルした微量な糖を服用し、指を2分間共振器上に置くだけで無侵襲的に測定可能であることから、従来法を凌駕する有用な装置が期待できます。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る