研課題
J-GLOBAL ID:202104004154697918  研究課題コード:09157844

ハイラディアルフォース(高拡張力)Ti-Ni合金ステント

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学研究科 )
研究概要:
近年、「ステント療法」が盛んに行われている。その中でも超弾性を有するTi-Ni形状記憶合金を用いた自己拡張型は、注目されるステントのひとつであり、胆道のほか、下肢部等の抹消血管系でも適用症例が増加している。しかし、抹消系ではステントへより大きな歪がかかるため折損する場合があり、問題となっている。本研究では、Ti-Niコア材の大幅な強度向上によってステントを薄肉化し、ステントに作用する歪を緩和する手法により、ステントのラディアルフォースを落とさずに耐折損性の向上を図る。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る