研課題
J-GLOBAL ID:202104004174687811  研究課題コード:09156458

磁気光学効果を利用した磁気顕微鏡のための反射光学系の開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 研究員, 研究員 )
研究概要:
次世代メモリー技術としてビットパターン媒体や磁気抵抗メモリが注目されている。そこで、ナノサイズ磁性構造体の高感度・高空間分解能で磁気評価できる技術が重要になり、これまで放射光による顕微磁気円二色性が利用されたが、使用上の制約が大きかった。本研究では簡便に磁気評価が可能なテーブルトップ型高感度・高分解能磁気計測システムの実用化を目指して、偏光面が磁場に左右されない直入射型光学系を開発することを目的とする。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る