研課題
J-GLOBAL ID:202104004248266767  研究課題コード:7700000403

電気魚が解き明かす超短時間感覚のメカニズム

体系的課題番号:JPMJPR9942
実施期間:1999 - 2002
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 生物学部 )
研究概要:
電気をレーダーのように使って泳動する電気魚は、体表の電気受容器官に生じるわずか100ナノ秒の時間差を感じることができます。このように神経系全体がその構成要素であるニューロンをはるかに上回る解像度を示すhyperacuity現象は、ヒトを含めた動物の様々な感覚系で知られていますが、その機構はほとんど不明です。刺激の流入から運動の出力にいたる情報処理機構が解明されつつある電気魚を用いて、hyperacuity のメカニズムに光をあてます。
研究制度:
上位研究課題: 素過程と連携
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る