研課題
J-GLOBAL ID:202104004287634471  研究課題コード:7700007370

超臨界水のミリ秒紫外可視マイクロフロー吸光分光計の開発

実施期間:2006 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学研究科, 助手 )
研究概要:
超臨界水は基礎と応用の両面で重要性が高まっている。これらの技術や研究を発展させるためには、超臨界水中の反応を分光学的に調べる方法が不可欠であるが、超臨界水で短時間に起こる反応を調べるための実用的な紫外可視吸光光度法はない。本研究では、簡便かつ安全に利用できミリ秒から数十秒の範囲で紫外可視吸収スペクトルを超臨界水中でも測定できる実際的な方法を開発する。申請者の熱水フローリアクターを基礎技術とし、400°Cで使えるように加熱装置と光学系を改良・開発する。本法を用いると 0.01~100秒間、200~600nm、最高400°Cで水溶液の紫外可視スペクトルを測定できるので、超臨界水に関係する様々な分野の研究・技術発展に大きく寄与する。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る