研課題
J-GLOBAL ID:202104004430035240  研究課題コード:11104041

室温で染色が可能な、綿繊維の低エネルギー・低コスト染色法の開発

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 繊維産業技術センター )
研究概要:
綿繊維中に水酸化アルミニウムを形成し、この水酸化アルミニウムに染料を吸着させることで染色する方法を開発した。この方法は、染料水溶液を加熱して染色する必要がないため、低エネルギー・低コストで実施できるのが利点である。 綿繊維中に水酸化アルミニウムを形成するために、綿繊維を飽和塩化アルミニウム水溶液に浸漬したのち、アルミニウムイオンを飽和させた水酸化ナトリウム水溶液に浸漬した。この綿繊維を染料水溶液に浸漬したところ、染色が確認できたため、水酸化ナトリウム析出処理の有効性を確認できた。 水酸化アルミニウムを析出させた綿生地で、2013年の流行色(24色)を染色した。この結果、淡色においては元の色を正確に再現できたが、濃色においては元の色との誤差が大きかった。これは、濃色においては、綿生地への染料の吸着が不十分であったためと考えている。 また、実際の染色装置を利用して、今回の手法で綿糸を染色した結果、正常に染色できることを確認した。この染色プロセスでは熱エネルギーは使用しなかったため、この技術の実用化が期待できる。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る