研課題
J-GLOBAL ID:202104004531313569  研究課題コード:08068711

バイオセンサー素子マイクロペルオキシダーゼの化学合成法の開発

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 情報工学部生命情報工学科, 准教授 )
研究概要:
マイクロペルオキシダーゼ(MP)は生体色素ヘムを含む機能性オリゴペプチドで、幅広い分野での応用が期待されている。しかし、MPは天然物由来であるため高価で、汎用性が制限されてきた。そこで、本研究では、ペプチド合成法とタンパク質化学修飾法を組合せ、MPを化学的に合成する方法を開発する。これにより、MPを安価に供給できるとともに、様々な化学修飾が可能となり、高機能なMPを創出することができる。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る