研課題
J-GLOBAL ID:202104004594417283  研究課題コード:09157103

新規抗ストレス剤による豚肉品質向上技術の開発と応用

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 生物資源科学部, 准教授 )
研究概要:
本研究の目的は、これまで肉養鶏において効果を見出してきた新規抗ストレス剤の対象家畜を拡大させるため、ブタに対するその投与効果を明らかにすることである。この抗ストレス剤は肉用鶏の飼養段階から鶏肉品質の悪化を防ぐことができ、生肉のみならず加工処理した肉でも持続的にその効果を発揮する。しかし、その投与効果がブタにも適用されるかどうかは不明である。そこで、本研究ではブタに抗ストレス剤を投与し、体内代謝および肉の品質について評価を行う。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る