研課題
J-GLOBAL ID:202104004841606140  研究課題コード:11104442

光ミキシングによるテラヘルツ波の発生と高分解能分光システムの開発

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院理学研究科, 教授 )
研究概要:
独自に開発した1μm帯の高出力で高コヒーレントな外部共振器型半導体レーザとInGaAs光伝導アンテナを用いる小型のテラヘルツ分光システムを構築し、従来のシステムでは不可能なサブメガヘルツの超高分解能と50MHzステップでの高い波長制御性を実証した。最終目標とする3THzまでの広帯域化やエタロンによる100MHzレベルでの周波数較正、ミキシング光EO変調による高速信号処理技術の開発にまでは至らなかったが、光ミキシング光源に外部共振器型波長可変レーザを用いることの有効性・優位性は実証できた。今後、この成果をもとに、シーズ顕在化タイプなどへの応募を通して最終目標を実現していく。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る