研課題
J-GLOBAL ID:202104004911296330  研究課題コード:12101722

プロトン応答性錯体触媒に基づく二酸化炭素の高効率水素化触媒の開発と人工光合成への展開

体系的課題番号:JPMJCR12Z0
実施期間:2012 - 2017
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , エネルギー技術研究部門, 主任研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR12Z0
研究概要:
本研究では、二酸化炭素を還元して液体燃料や炭素資源として利用するための触媒開発を目的とします。プロトン応答性錯体触媒の設計指針に基づいて、水中常温常圧などの温和な反応条件でも高効率に二酸化炭素を還元できる触媒の開発を行います。また、安価・大規模な水素の貯蔵・輸送システムを目指し、得られた液体燃料から効率よく水素を製造できる触媒システムの実現を図ります。さらに、二酸化炭素から再生可能エネルギーを利用した液体燃料製造やメタノール等の化成品合成への展開を行います。
研究制度:
上位研究課題: 低エネルギー、低環境負荷で持続可能なものづくりのための先導的な物質変換技術の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る