研課題
J-GLOBAL ID:202104005014487910  研究課題コード:19205275

非線形光学効果が照らす生体物質交換の仕組み

体系的課題番号:JPMJPR19G9
実施期間:2019 - 2022
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 医学部医学科, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR19G9
研究概要:
本研究は、生体物質交換、特に酸素供給機構理解のために、人総細胞数の約70%を占める赤血球の酸素結合度を動物の微小循環において非線形光学効果を用いて計測します。この際、生体分子由来の高調波発生および量子技術を基盤とした波長変換を巧みに組み合わせ、高い時空間解像を伴った細胞閉鎖系・血管内に存在する単一赤血球の酸素放出の場および調節機構の解明、またこれを基盤として物質交換機構の理解、およびその定式化を目指します。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 量子技術を適用した生命科学基盤の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る