研課題
J-GLOBAL ID:202104005061203253  研究課題コード:12101262

光ビーム走査型簡易サーモ非破壊検査装置の開発

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 工学部 電子工学科, 教授 )
研究概要:
本研究開発に関しては、目標の設定である光ビームを走査する方式のアクティブサーモグラフィー方式の原理的基礎を実証することができた。達成度に関しては、1)LD/LEDアレイの発光位置を電子的に切り替えてビーム走査する機構の開発はほぼ達成、2)電子走査機構を用いた装置による設計の基礎となる温度波形データベース構築に関しては十分な達成はできなかった。3)実際の被災機器(鉄製、アルミ製)に即した機器の改良とシミュレーションによる実証に関して、可搬サイズの機器の開発はできた。ただ、震災での実際の機器を試料にした測定までにはいたらなかった。 今後の展開としては、試料内部での熱拡散の定量的なシミュレーションや、実際の測定対象試料に近い表面状態の違う試料の測定など、実験的に明らかにすべき課題も多く発見できた。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る