研課題
J-GLOBAL ID:202104005113468099  研究課題コード:11103955

作用選択的ビタミンD受容体モジュレーターの開発

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 医学部, 教授 )
研究概要:
ビタミンD受容体(VDR)作用薬には、細胞増殖抑制・分化誘導、炎症・免疫調節、心臓血管系及び毛周期の調節などの作用がある。本研究では、関連疾患の治療への応用を目指し、選択的VDR作用薬の開発を目標とした。これまでの研究成果に基づき、新規リガンド誘導体の設計と合成を行い、選択的VDR作用の生物学的評価を行った。(1)新規ビタミンD誘導体の立体選択的合成法の開発、(2)VDRとのX線結晶構造の解明、(3)VDR結合性、転写活性、白血病細胞に対する効果の解析を行った。X線結晶構造解析と合成法の開発を優先させたため、細胞及びマウスに対する活性評価が期間内に十分実施できず、全体の達成度は約80%である。合成完了後、生物活性を徹底的に検討する予定である。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る