研課題
J-GLOBAL ID:202104005149915202  研究課題コード:09156634

油汚染土壌を効率よく浄化する景観に配慮した植物および微生物の選抜

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 農学部, 教授 )
研究概要:
石油類漏洩事故による土壌汚染浄化法の一つとして、植物を用いた比較的安価な浄化法が注目されている。我が国では、近年ようやく適切な植物の選抜が進みつつある状況である。本申請研究では、景観的に好ましい植物(特に草花)の内から石油類浄化を効果的に行う事ができる種類を選抜する。更に、サーモTDR法を使って実験中の石油類濃度をリアルタイムでモニターしながら、石油類の分解に直接寄与している微生物を明らかにする。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る