研課題
J-GLOBAL ID:202104005191412482  研究課題コード:18069778

三次元的変形と力伝達を両立可能な着衣型能動デバイス

体系的課題番号:JPMJPR185A
実施期間:2018 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学研究科, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR185A
研究概要:
これまで伝達・共有が困難であった人の動作情報を利活用できる社会を目指し、衣服として常用可能、かつ、衣服自体の伸縮で多面的に力を伝達して動作を教示する新しい着衣型デバイスを研究します。三次元的に変形可能、かつ、三次元的に力を伝達可能な布型デバイスの構成と制御法を明確にします。柔軟な布型デバイスを用いた上半身用着衣型デバイスを開発、上半身動作の教示実験を通し、身体動作の直接的な教示効果を検証します。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 新しい社会システムデザインに向けた情報基盤技術の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る