研課題
J-GLOBAL ID:202104005251047789  研究課題コード:10102465

ピッカリングエマルション燃料の開発

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 工学部, 講師 )
研究概要:
地球温暖化対策の観点から、重油を燃料とする熱機関から排出される大気汚染物質排出量の抑制は急務である。このような背景を受け、重油中に水滴が分散したエマルション燃料が大気汚染物質排出量の少ない環境低負荷型燃料として近年注目を集めている。本課題では、固形有機高分子微粒子を乳化剤として使用し、保存安定性に優れる油中水滴型の微粒子安定化エマルション燃料(ピッカリングエマルション燃料)の開発を行った。その結果、エマルション作製後2か月間は解乳化が10%未満である高い保存安定性を有するエマルション燃料の開発に成功し、実用化に向けた技術移転の可能性を見出した。
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る