研課題
J-GLOBAL ID:202104005328358154  研究課題コード:7700005134

光散乱法による、極細光ファイバーのコアとクラッドの直径ならびに屈折率の高精度測定装置の開発

実施期間:2006 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 教育人間科学部, 教授 )
研究概要:
光通信関連装置の光学部品の高速化・小型化・低価格化のために、従来よりも細い数十μm の極細光ファイバーの直径を高精度で測定できる装置の開発が求められている。本課題では、コアとクラッドを持つ極細光ファイバーの外径と屈折率を、波動光学に基づく光散乱法により外径は±50nm 以下、屈折率は±0.002 以下の不確かさで、同時に測定する装置を開発する。極細光ファイバーの測定項目を非破壊かつこのような精度で測定できる実用的な測定装置は既存のものにはない(新規性・独創性有)。この課題は企業と共同で検討を始めたものであり、目標を達成した後はその企業で実用化が図られる(実用化の可能性大)。本研究提案では、極細光ファイバーの試料を作成するとともに、光散乱測定装置を試作して、目標精度を外径±50nm 以下、屈折率±0.002 以下の不確かさで、短時間で測定できる装置を試作する(実施内容とその目標)。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る