研課題
J-GLOBAL ID:202104005390517781  研究課題コード:08001120

オールウェットプロセスによるフレキシブルディスプレィ素子の開発

実施期間:2007 - 2007
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 先端科学イノベーションセンター, 教授 )
研究概要:
有機ELにより薄型でフレキシブルなディスプレィが実現できる。従来、透明電極としてITO(酸化インジュ-ム、酸化スズ)が用いられているが、導電性ポリマー材料を用いて溶液プロセスで形成すれば素子作製が容易になる。本研究は、溶液プロセスで成膜可能な透明な導電性ポリマー材料で電極を構成し、イリジューム錯体系燐光材料による高効率なフレキシブルな有機ELディスプレィを実現することにある。
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る