研課題
J-GLOBAL ID:202104005660988579  研究課題コード:18189196

生体ライブイメージングにおける最適なデータ取得のための技術革新

体系的課題番号:JPMJPR16UF
実施期間:2018 - 2019
研究代表者: ( ウイルス・再生医科学研究所, 大学院生(博士課程) )
研究概要:
二光子励起顕微鏡を用いた生体内ライブイメージングは、動物体内で起こる生命現象をリアルタイムで観察できる画期的な手法である。そして、これからの生体内ライブイメージング技術には、より高解像度かつ広範囲の情報を、高速かつ長時間、取得することが求められている。本課題では情報科学技術を用いて生体内ライブイメージング手法の最適化を行い、「光子の無駄遣いと撮像時間の無駄遣い」を無くし、生体内ライブイメージング技術の革新を目指す。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 情報と未来
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る