研課題
J-GLOBAL ID:202104005695253679  研究課題コード:11101727

糖負荷後の血中ベータ・アミロイド変動パターンを用いたアルツハイマー病の診断法の開発

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 医学(系)研究科(研究院) )
研究概要:
高齢化の進む現代日本において、アルツハイマー病はその解決の待たれている疾患である。アルツハイマー病の低侵襲かつ簡便な診断補助法の開発を本研究の目的とした。我々はヒト臨床研究において糖負荷後の血中ベータ・アミロイド測定がアルツハイマー病補助診断法としての可能性を有していることを示した。さらにその機序に関してアルツハイマー病モデルマウスを用いて基礎的な実験を進め、有意義な結果を得た。今後はこの結果に基づき、さらに本法を最適化し、アルツハイマー病の診断補助法として育成していく。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る