研課題
J-GLOBAL ID:202104005710026340  研究課題コード:12000095

インドネシアにおける統合バイオリファイナリーシステムの開発

体系的課題番号:JPMJSA1205
実施期間:2012 - 2017
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院工学研究科, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSA1205
研究概要:
スーパー微生物で燃料と化学品を創り、バイオマスで持続可能な社会構築を目指す! インドネシアは多様なバイオマスと生物資源の宝庫である。本プロジェクトでは、食糧と競合しない、パーム由来の廃棄物バイオマスを原料として、再生可能エネルギーや化学品を生産する。具体的には、代謝経路を人工的に再構築して、バイオマス中に含まれる糖から化合物を高効率に作り出す“ものづくり”工場を模倣した、組換え微生物「細胞工場」を開発し、生産プロセス全体の大幅な省エネルギー化、低コスト化につなげる。 バイオマスの有効活用は世界的な脱化石資源の旗手になる! 石油資源に依存する現状から、バイオマスからバイオベース製品群を生産する「バイオリファイナリー」への大転換が実現すれば、化学産業構造において、パラダイムシフトが成し遂げられる。セルロース系バイオマス利活用の先行実証モデルとしてインドネシアで実践後、タイやマレーシアなどのバイオマス賦活量の多い国々へ展開可能である。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 生物資源
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る