研課題
J-GLOBAL ID:202104005880765562  研究課題コード:13411030

調光制御薄膜における選択反射波長機能の開発

実施期間:2013 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , その他部局等 )
研究概要:
太陽光中の熱として作用する赤外線を周囲温度によって自律的に弁別、遮断・透過させ自然エネルギーを直接有効利用可能な調光制御薄膜における選択反射波長機能の開発に取り組んだ。調光制御機能として重要な機能である室内に入射する太陽光の日射エネルギーの制御性能を70%以下に且つ、室外の景色が見える可視光の透過性能80%以上を達成するという数値目標を設定した。モノマーの種類及び添加量等の材料設計及び膜厚等のデバイス構造を検討して調光制御薄膜を作製した結果、調光性能として日射制御性能と可視光の透過性能の両立を達成した。今回の研究成果に基づき、省エネルギー化に重要となる太陽光輻射エネルギーの温度による制御性能のさらなる向上を図り、技術移転を目指す計画である。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る