研課題
J-GLOBAL ID:202104005902924694  研究課題コード:19205251

蘇る太古の光合成タンパク質:量子効果の誕生

体系的課題番号:JPMJPR19G5
実施期間:2020 - 2022
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院理学系研究科, 特任助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR19G5
研究概要:
本研究は、太古の光合成タンパク質を現代に蘇らせることにより、「量子効果がいつ誕生したか」について研究します。具体的には、地球生命誌38億年の堆積岩中に含まれる光合成タンパク質を分光的・生化学的手法により復元し、その光合成タンパク質の量子効果の有無を確認することで、量子効果がいつの時代まで遡れるかを研究します。そして、量子効果の誕生した時期の古地球環境も調査することで、生命進化と地球環境の関連性を明らかにします。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 量子技術を適用した生命科学基盤の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る