研課題
J-GLOBAL ID:202104006015421170  研究課題コード:11103783

構造と進化の理解に基づく光合成の環境適応能力の強化

体系的課題番号:JPMJCR11B1
実施期間:2011 - 2016
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院理学研究科 )
研究概要:
近年、日本の研究者は、世界の光合成研究の飛躍的な進展に大きく貢献してきました。その1つは、光合成反応を原子のレベルで理解することで、もう1つは、陸上の過酷な光環境に適応するための光合成調節メカニズムの解明です。本研究では、これらの成果に基づき、光合成装置の革新的な改変と植物の環境適応戦略のシナリオの書き換えを行います。高い光合成活性を維持しながら過酷な栽培環境に適応できる、「強くてしなやかな光合成装置を備えた植物」のデザインを行います。
研究制度:
上位研究課題: 二酸化炭素資源化を目指した植物の物質生産力強化と生産物活用のための基盤技術の創出
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る