研課題
J-GLOBAL ID:202104006021087290  研究課題コード:7700010094

焼酎粕を主原料とする生分解性マルチの開発

実施期間:2006 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 農学部, 教授 )
研究概要:
焼酎粕の海洋投入は1996 年にロンドン条約により原則として禁止されたため、低コストで環境負荷低減型の焼酎粕リサイクル技術の確立は急を要する課題である。一方、近年の焼酎ブームもあり、芋焼酎生産のニーズは高まっているが、原料となる薩摩芋の生産には手作業による労力を多く必要とすることから芋不足が続いている。特に雑草防除のためのビニールマルチに関係する労力は大きい。そこで、焼酎粕を原料とする生分解性マルチを極めて低コストで開発することを目的とする。焼酎粕は雑草抑制効果を持ち、肥料や土壌改良効果も高い資材であるた
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る