研課題
J-GLOBAL ID:202104006052076075  研究課題コード:08068712

鶏病予防を目的とした免疫賦活能を有する海藻由来成分の特定及びその利用

実施期間:2008 - 2008
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 中小家畜部, 技師 )
研究概要:
高病原性鳥インフルエンザ等の発生がグローバルな社会問題となっており、これら鶏病発生への対策及び予防法が種々検討されている。これまでに海藻を採卵鶏へ給与することにより、免疫賦活効果の一つである一酸化窒素の産生促進効果を確認している。本研究では、海藻に含まれる免疫賦活能を有する成分を分離・精製するために、鶏由来単核球を用いて評価を行い、安全性の高い免疫賦活作用を有した養鶏用飼料の開発につなげる。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る