研課題
J-GLOBAL ID:202104006093269864  研究課題コード:08000925

非定型CpG DNAの作用特性に基づいた感染症重症化予防治療法の開発

実施期間:2007 - 2007
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 医学部, 助手 )
研究概要:
非定型CpG DNA(特許査定済み)は、ユニークな方法でヒトの形質細胞様樹状細胞(pDC)に大量のIFN-α産生を引き起こし、Th1免疫を活性化する。当該CpG DNAの作用特性を取り入れた感染症重症化予防治療法を開発するため、平成19年度は、免疫不全患者や免疫回避ウィルス感染に起因する機能劣化pDCにIFN-α産生を誘導する方法として当該CpG DNAの有用性を調査し、感染症重症化予防治療法の開発基盤をつくる。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る