研課題
J-GLOBAL ID:202104006102816318  研究課題コード:12103559

サブテラヘルツ帯アクティブイメージング用照明系の開発

体系的課題番号:JPMJSN12BA
実施期間:2012 - 2015
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 総合研究機構火災科学研究センター )
研究概要:
煙・熱による過酷な環境下である火災現場において、建物内の目標地点を容易に可視化する技術が確立されれば、よりスムーズな救助・検索および消火活動の実現が期待できます。サブテラヘルツ帯電磁波は、煙霧中で透過性が高く、煙の立ち込めた地点の可視化に最適な電磁波です。従来、この周波数帯はパッシブイメージングが主流でありましたが、火災現場においては高温の物質や煙が熱輻射源として支配的であるため、明瞭な被写体の像を得ることが困難でした。この課題の解決にはアクティブイメージングが必須であり、本課題では、そのキーコンポーネントである、低干渉性で十分な輝度を有する照明用テラヘルツ波発生器の開発を目指します。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る